弁護士の業務

弁護士といえば、法廷で弁護活動をする姿が思い浮かぶかも知れません。テレビや映画では、刑事事件(たとえば、殺人事件)の法廷で、証人を尋問する姿がよく取り上げられたりします。でも、弁護士の活動は裁判に限られるものではありません。弁護士は、幅広くいろいろな活動をしています。

弁護士は、法律のプロとして、市民の立場に立って、社会のあらゆる法律問題を扱っています。弁護士の仕事のうち、典型的なものは、皆さんもご存じのように民事事件と刑事事件でしょう。

民事事件は、財産や親族関係をめぐって、個人や企業が争う裁判です。「貸したお金を返せ。」「離婚したい。」「遺産を分けてほしい。」などが典型例です。これに対して、刑事事件(刑事裁判)は、罪を犯した人に対して有罪かどうか、有罪ならどのような刑罰に処すかを決める裁判です。たとえば、殺人、強盗、覚醒剤、窃盗などの事件は刑事裁判の典型例です。

これらの裁判だけではなく、弁護士は、いろいろな書類(契約書など)の作成もしています。たえば、売買契約書、賃貸借契約書、遺言書などです。これらの書類は、内容に不備な点があると、後で大きなトラブルになったりします。そのようなことがないように、事前に、法律的な点から契約の内容をチェックし、契約書を作成したりします。また、書類の作成だけではなく、契約の交渉に、代理人として、携わったりもします。たとえば、交通事故によって発生した賠償金について、相手方との交渉(示談交渉)なども行ったりします。このように裁判にならなくとも、弁護士に依頼することができます。

ちなみに、弁護士が取り扱っている業務には、次のようなものがあります。法律相談、訴訟事件、調停事件、示談交渉事件、契約締結交渉、督促手続事件、手形小切手訴訟事件、離婚事件、境界に関する事件、借地非訟事件、保全命令(仮処分・仮差押)申立事件、民事執行事件、破産・和議・会社整理・特別清算・会社更生などの申立事件、任意整理事件、行政上の審査請求・異議申立・再審査請求その他の不服申立事件、刑事事件、少年事件、証拠保全、即決和解、公示催告、簡単な家事審判、現物出資等証明、法律関係の調査、契約書及びこれに準ずる書類の作成、内容証明郵便、遺言書作成、遺言執行、会社設立等、株主総会等指導、簡易な自賠責請求などがあります。

なお、弁護士の資格がないにもかかわらず、「弁護士に頼むと金や時間がかかるから私にまかせなさい」といって言葉巧みに近づいてくる人がいます。彼らは、事件屋・示談屋などと呼ばれています。しかし、頼んだときはいいのですが、後から法外な金を要求してきたり、相談した内容をネタにゆすり、たかりをしてくるなど、トラブルに巻き込まれるおそれがあります。事件屋・示談屋は、依頼者を食い物にします。このような事件屋・示談屋は、弁護士法によって禁止されています。絶対に利用してはいけません。

相談したいことがあるけど、こんなことは相談にのってもらえないのではないか、こんなことを弁護士に頼めるのだろうか、と悩むときがあると思います。そんなときは、まず、法律相談をご利用ください。